振り返ると霊感だったのか?

無料占い姓名判断生年月日の館
今日の誕生日占いランキング! 12星座占い
Sponsored Link


☆無料占いはトップページから御願いします☆

振り返ると霊感だったのか?

本当に幼いころのお話です
幼稚園の年長さんぐらいだった時のお話ですが・・


真夏の夕方
夕食をおえて、家族でボケ〜〜っと
していた時のお話です

西日がきつく照り返していたのを今でも覚えています


当時、うちの家には母親が居らず
その代わりにおやじの妹さん
つまりおばさんが私たち兄弟の面倒を見てくれていました


なかなかのガッツのあるおばさんでして 
虫歯でホッペタをパンパンに腫らしても
私が楽しみにしていた
幼稚園のイチゴ狩りに参加してくれた人でして
おばさんと言っても当時18歳位の人でした・・



ある日、いつものようにお家で夕食を終えてマッタリしていたら
急に大声がしたのでハッとして前えを見ました

そしたら、

いきなり目の前に知らない人が、
頭を抱えてひたすら喋っていました

たまに顔を私に向けたと思ったら
また横を向いてブツブツブツ・・と


見た感じ年は40半ば位の女の人で
ピンク色の服きてパーマをかけてました
もちろん見た事もない人?・・・人?でして


当時、幼かった私は
恐いとか幽霊だとかまだ解らないので
誰なんだろうコの人は・・・?と固まっていました。



周りを見回したら
長男も気が付いていないようだし
おやじも全く普通の感じで新聞を読んでいました


・・・?
はぁ?・・・誰この人


その人は相変わらず大声で独り言をブツブツと
頭を抱えながら喋っていました・・・


その人をだけを見ると物凄く大きな大人の人に見えるのですが
その隣にいる長男(7歳)と比べると遥かに小さいんです

尺が合わないといったら良いのか?
見ているとなんだか少し船酔いする感じと言ったら良いのか・・・
???と思っている次の瞬間に、その人?はパッと消えたのです


当時の私は
まだ怖いといった感覚がなかったので

にんまりと笑いながら
「何?いまの〜〜」と声に出して言って見たのですが、
父親も兄も、?といった感じでした


ところが・・・


おばさんだけが慌てて私の所へ来て、

私の口を押さえ

「今のは何も無かったの!」
「絶対に何も喋ってはダメよ・・・解った?」と悟られました・・・

その時は何故だか解らないまま、従うことにしたのですが


どうやら
おばさんも見えていたんですね・・・


後に知る、TVや人から聞いた恐い話しとは違いますが



あの時の変な距離感と言ったら良いのか・・
表現に困る感じを、今でも思い出す時があります。


何故あの場所に・・?と考えるのですが
答えは見つかりそうにないですね


なんだったのでしょうか?・・本当に。











































×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。