〇〇に出合った話(前編

無料占い姓名判断生年月日の館
今日の誕生日占いランキング! 12星座占い
Sponsored Link


☆無料占いはトップページから御願いします☆

〇〇に出合った話(前編

えーっ、皆さん・・・こんばんは
こんな事をお話しても、信じてくれないでしょうね(笑

実は今から23年も前のお話なんですが
わぁ〜っ、書いちゃって良いのかな???(汗

実はある神様にあったんです(鈍引

あっ、引かないで下さい(汗
私も訳がわかりませんが・・・???

その状況が未だに理解できておりません(マジデゴザイ<(_ _)>
と言うのも・・・

その当時ある田舎の町に住んでいたんですが
わたくし家出していまして(ハズ

とにかく自分の力で一刻も早く飯が食いたいそんな野郎でした(笑
で、住む所もないので、某港の防波堤にそのまま寝てました(笑
あぁっ星が綺麗だったなぁ〜ときたもんだ(寒

とまぁ、その時は引越しのアルバイトで食ってました
問題はそのバイト先への通勤の途中で起こったんです(汗

その地元の港からアルバイト先へ通っていたんですが
チャリンコで一時間はかかりました(若

たしか、10月位だったでしょうか?・・・
出発してたのはその港を朝の4時位です

海沿いの〇〇サイクリングロードと言われる道ですが
40分位は海沿いを走れる道なんです

当時はなーーーんにも道沿いにはありませんでした
真っ暗な道に遠くにみえる港の光がポツンとわかる位だったんです

若いころはカンといったら良いのかな?結構ありましたよね
今で言うならシックスセンス???

そう、その海沿いのサイクリングロードに入った瞬間に
あれ??、おかしい???何かが違うと直感で感じました。

そく鳥肌(ブツブツ

なんだか何時もと感覚が違う、こんな空気?と言ったらいいのか
何かが違う・・・

少し気にしながらチャリンコで10分程進むと
真っ暗な海沿いの道から足音が聞こえてきたんです・・・

はじめは何にも気にしていなかったんですが(汗
所が・・・

ここから先は、明日酔いが醒めて
書こうと思ったら書きますし、最悪と思ったら・・・
どうしよう・・・(汗

とりあえず後半へ続く・・・(泣


続き





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。