〇〇に出合った話(中編?

無料占い姓名判断生年月日の館
今日の誕生日占いランキング! 12星座占い
Sponsored Link


☆無料占いはトップページから御願いします☆

〇〇に出合った話(中編?

えーっと、こんばんは・・・
昨日は酒の力でどえらい記憶が蘇ったんですが(汗

では、続きを書きますね(酔いが醒めぬ内に

------昨日の続き ------------------------

そう、その海沿いのサイクリングロードに入った瞬間に
あれ??、おかしい???何かが違うと直感で感じました。

そく鳥肌(ブツブツ

なんだか何時もと感覚が違う、こんな空気?と言ったらいいのか
何かが違う・・・

少し気にしながらもチャリンコで10分程進むと
そしたら真っ暗な海沿いの道から足音が聞こえてきたんです・・・

はじめはそんなに気にはしていなかったんですが
所が・・・(汗

結構なスピードで走ってたんですよ
いつまで経っても人が来ない・・・???

それからも10分程度は走ったでしょうか
足音は確実にしてるんですが???いつまで経っても
同じ足音なんです、つまり距離感が全く解らないんです(汗

それからも当然走り続けたんですが
まだ誰も来ない・・・

さすがに怖くなったんですが
そこは若かったので大丈夫と自分に言い聞かせながら走りました

ところが、ある場所に差し掛かったときに
更に不思議な現象が起こったんです(汗

そのある場所とは左側が15メーター位の
風化した崖で下のほうにススキの葉が密集しています
そして滝ではないですが水が結構流れてました
まぁ、そうですね小さな滝と想像して下さい。

右側は低い防波堤でその向こうに砂浜です
たしかその日は満月では無かったですけど
月が出ていました、少し雲も出てました。

そう、その場所に差し掛かったら音がおかしいんですよ
周波数といったら良いか?何といえば良いのか?

崖から流れる水の音と、ススキの穂が風になびく音と
砂浜を満ち引きする波の音が一体となって

音の周波数が360度同じといったらいいんですか?
一瞬、その真っ暗な道で自分が何処に要るのか解らなくなり
恐怖で体が固まってしまったのですが

ふと気が付くと、またあの足音が聞こえてきたのです
以前何処から聞こえてくるのか解りません

もう恐怖の限界なので引き返そうと思った時
微かですけど、少し足音が近づいてくるのが解ったんです

直感と言いうか六感といったらいいのかな?
危険信号をバンバン送ってきます

感覚が今まで経験した事が無い状況にパニックに寸前です
「これから起こることは、相当ヤバイ」と
脳か何かが危険信号を送ってくるのです

体からすっかり血の気も引いて、少しふるえてました
冷汗の量も半端ではなかったですし心臓の鼓動はMAXです
もう引き返すという行動すら忘れていました。

いよいよ、そこまで近づいて来た時に
雲の切れ間から月の光が差して海面が明るくなりました

その時、足音の主が姿をあらわしたんです。

続く・・・


霊感が物凄い強い人に言わせたら
何かのメッセージだから書くのは止せというのかな?



続き



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。